遺品整理の時期について徹底解説

こたつ布団のクリーニング方法は?料金相場・注意点・タイミングを徹底解説

こたつ布団のクリーニング方法は?料金相場と注意点を解説

こたつ布団はどのようにクリーニングするの?

こたつ布団をクリーニングに出すタイミングを知りたい!

本記事ではこういった疑問をお持ちの方に向けて、こたつ布団のクリーニング方法を解説していきます。

洗濯機や、クリーニング、コインランドリーなどなど、それぞれメリット・デメリットが変わっていきますので、自分にあった方法を選択する必要があります。

クリーニングに出す際の注意点なども詳しく解説していきますので、ぜひとも最後までご覧くださいね。

この記事をざっくりいうと
  • こたつ布団をクリーニングに出す頻度は年に1度が目安
  • こたつ布団の洗濯は自宅でも可能
  • クリーニングに出すことで簡単に新品同様の仕上がりになる
  • こたつ布団をクリーニングに出すならふとんリネットがおすすめ

こたつ布団をクリーニングに出す頻度は?ベストタイミングも合わせてご紹介!

こたつ布団をクリーニングに出す頻度は?タイミングも合わせてご紹介!

まずは、こたつ布団をクリーニングに出す頻度について見ていきましょう。

基本的にはこたつ布団は1年に1回、クリーニングに出しましょう

冬の間ずっと出しっぱなしで使っていますので、汗やフケ、髪の毛、食べこぼしなど、目には見えにくいですが、非常に多くの汚れが貯まっています。

そう聞くと、1年のうちに何度もクリーニングに出したくなりますが、こたつ布団はクリーニングを行うたびに保温性が落ちますので、1年に1回が理想ですね。

タイミングとしては冬の終わり、こたつを収納する頃にクリーニングを行ってください。

注意点
シーズン終わりにクリーニングを行わないと、汚れが付いた状態で収納することになり不衛生です!ダニやカビが繁殖する場合もありますので気を付けましょう!

こたつ布団クリーニングの料金相場をチェック!

こたつ布団クリーニングの料金相場・オプション

続いて、こたつ布団クリーニングの料金相場について見ていきましょう。

自宅の洗濯機 0円
コインランドリー 1,000~2,000円
クリーニング 2,000~3,000円
宅配クリーニング 5,000円~

自宅の洗濯機で洗う場合は当然ながら料金はかかりません。

コインランドリーは自分でお店まで持っていく手間がありますが、家で洗濯するよりもきれいに仕上がりますし、大きなこたつ布団でも利用できます。

クリーニングに出す場合は、防ダニや真空パック保存などもして貰えるので、次のシーズンでは新品同様の状態で使えますよ

宅配クリーニングは料金が高い代わりに、お店まで持っていく手間が無く、非常に楽チンです。

こたつ布団を洗う方法は?メリット・デメリットをチェック!

こたつ布団を洗う方法は?メリット・デメリットをチェック!

前述したように、こたつ布団を洗う方法は基本的には4つあります。

ここからは、それぞれのメリットやデメリットについて詳しく見ていきましょう。

こたつ布団を洗濯機で洗う

自宅の洗濯機で洗うメリット・デメリット
  • メリット:料金が一切かからない
  • デメリット:洗えるこたつ布団は限られる

こたつ布団を家の洗濯機で洗えば料金は一切かかりません

しいて言えば水道代・電気代、洗剤代ぐらいです。

とはいえ、自宅の洗濯機で洗えるこたつ布団は限られていますので、洗濯OKの表示があるこたつ布団以外は洗濯してはいけません

また家の洗濯機が小さいとしっかりと洗えない場合もありますので、注意しましょう。

STEP.1
洗濯タグを見て、こたつ布団のほこりや汚れを取る
STEP.2
ロール状に丸めて洗濯ネットに入れる
STEP.3
中性洗剤を入れて布団モードを選択する
STEP.4
干して乾かす
参考:こたつ布団の洗濯 YOURMYSTARSTYLE

こたつ布団をコインランドリーで洗う

コインランドリーで洗うメリット・デメリット
  • メリット:料金が安い
  • デメリット:お店まで自分で持っていく必要がある

コインランドリーで洗う場合は、料金は少しかかりますが、家で洗濯するよりもきれいに仕上げられます。

洗濯のみの場合は更に料金安いですし、大きなこたつ布団でも問題ありません。

ただしお店まで持っていく必要がありますので、少々手間なのがデメリットと言えますね。

家ではこたつ布団の洗濯ができないけど、できるだけ安く抑えたいという方におすすめです

STEP.1
洗濯タグを見て、こたつ布団のほこりや汚れを取る
STEP.2
こたつ布団を洗濯機に入れて洗う
こたつ布団はサイズが大きいので、洗濯機も大きい物を使用しましょう。洗剤は自動投入されるコインランドリーと、持ち込みのところがあるのでわからなければ持ち込むのが無難です。型崩れが不安な場合はこたつ布団をロール状に丸めて洗濯ネットに入れましょう。
STEP.3
こたつ布団を乾燥機にかける

こたつ布団をクリーニングに出す

クリーニングに出すメリット・デメリット
  • メリット:防ダニ加工・真空パックなどのオプションを付けられる
  • デメリット:お店まで自分で持っていく必要がある

こたつ布団をクリーニングに出すと防ダニ加工や真空パックなどのオプションを付けられます。

そのため、次のシーズンで使う際に新品同様で利用できるのが、非常に嬉しいポイントです。

また洗濯と違って、非常に幅広い素材のこたつ布団で利用できます。

ただしコインランドリー同様に、お店まで持っていく必要がありますし、料金も高いです。

近くにクリーニング店があり、こたつ布団をできるだけ綺麗に仕上げたい方におすすめです。

宅配クリーニングを利用する

自宅の洗濯機で洗うメリット・デメリット
  • メリット:手間が一切かけることなくクリーニングしてもらえる
  • デメリット:料金が高い

宅配クリーニングは自宅へクリーニングするものを回収しに来てもらえます。

そのため一切手間をかけることなくこたつ布団をクリーニングできます。

通常のクリーニング同様、お店によっては防カビや真空パックなどをしてもらえますよ。

料金が高いというデメリットがありますが、手間をかけることなくこたつ布団を新品同様にしてもらえると考えると、妥当の料金と言えるのではないでしょうか。

クリーニングに出す暇が無い方や、簡単にこたつ布団を綺麗にしたいという方におすすめです。

STEP.1
ネット・電話で申し込む
STEP.2
自宅に届いた梱包キットにこたつ布団を梱包する
STEP.3
集荷に来てくれたスタッフに引き渡す
STEP.4
クリーニングに出した布団を受け取る

こたつ布団をクリーニングに出すときに知っておくべき注意点

絶対に役立つこたつ布団をクリーニングに出すときの注意点

ここまで、こたつ布団を洗う方法について紹介していきましたが、こたつ布団を洗う前に注意点について覚えておきましょう

こたつ布団をクリーニングに出すときの注意点

料金を確認する

こたつ布団を洗う料金については前述しましたが、こたつ布団といってもサイズはさまざまです。

そのため料金は、こたつ布団の大きさによって変化するということを覚えておきましょう。

また素材によっても料金が変わる場合があります。

羽毛なら料金は高くなりますし、化学繊維なら比較的安いです。

クリーニングをお願いする前に、お店のホームページから必ず確認しておいてくださいね。

またホームページで確認できない場合は電話で問い合わせしてみましょう

洗濯マークを確認する

繰り返しになりますが、洗濯マークが無いこたつ布団は洗濯機では洗えません

他にも乾燥マークや、ドライクリーニング・ウェットクリーニングなどのマークも見ておきましょう。

ウェットクリーニング処理やドライクリーニング処理ができない場合は、クリーニング店でも洗えない場合がありますので注意してくださいね。

注意すべき素材
  • 真綿
  • シルク素材
  • ムートン
  • 電気毛布
  • カーペット状のこたつ布団など

こたつ布団のおすすめ宅配クリーニング5選

こたつ布団のおすすめ宅配クリーニング5選

お客様の声3

宅配クリーニングってどこが良いの?

ここからは宅配クリーニングを利用したことが無い方に向けて、おすすめの宅配クリーニングを5つ紹介していきます。

何も考えずに宅配クリーニングを選んでしまうと、思わぬ料金がかかってしまったり、想像よりも返却までの時間がかかったりしますので、しっかりと選んでくださいね。

布団リネット

布団リネット

料金 1枚8,800円
2枚11,800円
3枚12,800円
4枚14,800円
送料 無料(合計料金6,000円未満の場合3,000円)
オプション 防ダニ加工1,000円
梱包袋の大きさ 70cm × 48cm × 37cm
納期の目安 10日後〜

布団リネットは布団のクリーニング専門のお店です。

布団3枚パック料金が14,080円で注文できます。

酵素のチカラで汚れやシミを分解するため、非常に汚れが落ちやすく、綺麗に仕上げてもらえます。

また抗菌と防臭効果の付いた洗剤で洗って貰えますので、次のシーズンは新品同様でこたつ布団を使えますよ。

リネット自体は衣服や靴などのクリーニングも行っていますので、布団以外にクリーニングをしたい場合はそちらもチェックしてみましょう。

ふとんリネットの詳しい口コミ評判はこちらの記事で解説しています。

ふとんリネットの料金・口コミ・評判まとめ! ふとんリネットの料金・口コミ評判を徹底解説!お得に布団クリーニングを利用したい方必見!

せんたく便

せんたく便

料金 ふとんパック11,980円(シングル・ダブル2枚分)
送料 無料
オプション 防虫・防カビ加工2,000円
最大6ヶ月保管無料
再仕上げ無料
梱包袋の大きさ 記載なし
納期の目安 最短14日

せんたく便は宅配クリーニング専門のお店です。

布団は2枚で13,178円となっており、リピート価格の場合は12,408円です。

非常にシンプルな料金で、シミ抜き・毛玉取り・再仕上げ・往復配送料が無料です。

また最長6か月間無料で保管してもらえます。

利用手順も専用バッグに入れて送るだけと非常にシンプルです。

分かりやすい料金で簡単に布団のクリーニングをしたい方におすすめです。

料金上の注意
「毛布2枚,ベビー布団2枚,枕2コ,座布団2枚,肌掛け(毛布・羊毛は除く)2枚」など一部商品はふとん1枚分として利用可能。シングル〜ダブルは1点分、クイーン・キングサイズは1点で2枚分。指定数を超えた分は1点あたり4,500円。

カジタク

カジタク

料金 布団2点12,980円
布団3点18,700円
送料 無料
オプション 防ダニ加工1,100円
9ヶ月保管1,100円
再仕上げ無料
梱包袋の大きさ 70cm × 52cm × 38cm
納期の目安 最短10日

カジタクはイオングループが運営する、ハウスクリーニングや宅配クリーニング、家事代行などを行っているお店です。

布団クリーニングは1点あたり6,233円からで、追加で1,100円を支払うことで温度・湿度管理された専門保管庫にて最長9か月の保管をしてもらえます。

シーズンオフに、こたつ布団の収納場所に困っている方におすすめです。

また防ダニ加工を無料でしてもらえるのも嬉しいポイントです。

布団以外に一般の宅配クリーニングも行っていますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

布団の点数のカウント
  • 1枚1点 掛布団、敷布団、こたつ布団/上下1組
  • 2枚1点 ベビー布団、ベッドパッド、肌掛け・夏掛け
  • 3枚1点 毛布

アイクリーンサービス

アイクリーンサービス

料金 羽毛掛け布団専用コース1枚6,750円
羽毛掛け布団専用コース2枚9,900円
羽毛掛け布団専用コース3枚14,790円
羽毛掛け布団専用コース4枚17,980円
羽毛掛け布団専用コース5枚19,980円
送料 無料(一部、商品または地域を除く)
オプション 脱臭処理1,100円
カビ取り処理1,100円
梱包袋の大きさ 100cm × 65cm × 45cm
納期の目安 2週間〜

アイクリーンサービスは布団のクリーニング、販売、レンタルを行っているお店です。

布団を一枚ずつ丁寧に洗って貰えますので、非常に良い仕上がりとなります。

また合成洗剤を一切使っておらず、すべて石けんで洗っているため、非常に安心感があります。

他の業者と比べてシミ抜きにも力を入れていますので、汚れの強い布団を洗う際にはアイクリーンサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

シンセン楽天市場

シンセン楽天市場

料金 2枚パック8,900円
3枚パック11,300円
4枚パック13,900円
送料 無料(一部離島を除く)
オプション 100cm × 60cm × 40cm
梱包袋の大きさ
納期の目安 1,2週間〜

シンセン楽天市場は名称通り楽天市場で注文可能な布団クリーニングです。

注文後は宅配キットが届きますので、そこに布団を入れて発送します。

あとは自宅へ届くまで待つだけです。

夏場は3週間前後、冬場は1~2週間で仕上がります。

布団4枚で13,900円と非常に格安ですし、オプションを付けることで、圧縮加工や収納ケースでのお届けも可能です。

他の宅配クリーニングの情報も知りたい方は、おすすめの宅配クリーニング10社を比較した記事をご覧ください。

クリーニングに出したこたつ布団の保管方法

クリーニングに出したこたつ布団の保管方法

最後にクリーニングに出したこたつ布団の、保管方法について紹介していきます。

主な保管方法は以下の4つです。

こたつ布団の保管方法
  • 宅配クリーニング店に保管してもらう
  • 保管サービスを利用する
  • 真空パックにしてもらい収納する
  • そのまま収納する

可能であれば宅配クリーニング店にそのまま保管してもらいましょう。

前述したように、多くのお店で布団の保管をしてもらえます。

クリーニング店に保管してもらえない場合は、別の保管サービスを利用しましょう。

収納に困るような布団や衣服などを、湿度や温度が適切な環境で保管してもらえます

家で保管する場合はそのまま収納するのも良いですが、クリーニング店のサービスである真空パックを利用するのも一つの手です。

注意点
真空パックはこたつ布団のふんわり感が損なわれてしまう可能性があります。収納場所に困っていないのであれば、そのまま収納しましょう。

こたつ布団のクリーニングまとめ

本記事で紹介したように、こたつ布団はさまざまな方法で洗えます。

可能であれば料金の一切かからない自宅での洗濯が良いですが、洗濯可能なこたつ布団は多くありません。

ですので、料金はかかりますが、シーズンオフの間は保管をしてもらえる宅配クリーニングが一番おすすめです。

ぜひとも自分にあった宅配クリーニングを選んで、賢くこたつ布団を管理してくださいね。

まとめ
  • こたつ布団は1年に1度、冬の終わりにクリーニングをする
  • クリーニングに出す前に、洗濯マークの確認をする
  • 可能であれば家の洗濯機を使う
  • 洗濯できないこたつ布団は宅配クリーニングに出すのがおすすめ!
  • 宅配クリーニングはシーズンオフの間は保管もしてもらえる!