遺品整理の時期について徹底解説

段ボールを無料で回収してもらう方法まとめ!処分に困っている方必見!

段ボールを無料で回収してもらう方法まとめ

お客様の声1

引っ越し後、たくさん段ボール箱があるんだけどどうやって処分すればいいのかな?
通販でよくお買い物するんだけど、段ボールがたまってしまってそろそろ捨てないと…

お客様の声2

知らないうちに物置に段ボールがたくさんたまっていたという方も多いのではないでしょうか。

「どうやって処分すればいいの?」思っている方のために、無料で負担の少ない処分方法を紹介します。

段ボールは大切な資源です。

正しく処分方法を知って、リサイクルに協力していきましょう。

段ボールを無料で回収処分してもらう方法は4つ!

段ボールを無料で回収処分してもらう方法は4つ

できれば段ボールを無料で処分したいですよね?

段ボールを無料で処分するのは次の4つの方法があります。

ご自身が最も利用しやすい方法を選んで処分しましょう。

自治体の資源ごみとして段ボールを処分する

自治体の資源ごみとして段ボールを処分する

自治体では、段ボールは資源ごみとして回収しています。

資源ごみとはリサイクルによって再利用できる素材で作られている製品で、例えば缶やペットボトル、瓶、紙類、金属塊などです。

STEP.1
段ボールを解体し折りたたむ
STEP.2
伝票やガムテープ、金具類などを外す
STEP.3
同じ大きさの段ボールをまとめて紐で縛る
紐はできれば紙製が理想ですが、プラスチック製でも回収してもらえます。
自治体にもよるので確認が必要です。
STEP.4
資源ごみの日の朝8時までに指定場所に排出する
自治体で資源ごみとして回収できないもの
  • 「ろうびき」されている段ボール
  • アルミコーティングされている段ボール
  • 金色・銀色の文字等の加工がしている部分
  • 油が染み込んでいる段ボール
  • 極度に汚れがついた段ボール

粘着テープや留め金などは燃えるごみや燃えないゴミに分けて処分してください。

資源ごみの日は、例えば新宿区の場合は週に1回ですが、自治体によって異なります。

また雨の日に排出しても良い自治体もありますが、中には禁止している場合もあります。

公式サイトや自治体のお知らせで確認してください。

自分で段ボールを業者・施設に持ち込む

自分で段ボールを業者・施設に持ち込む

各自治体のゴミ処理場では、持ち込みのゴミを受け付けている場合がほとんどです。

ただしゴミ処理場に持ち込む場合は、予約が必要です。

市(区)の公式サイトで持ち込み方法を確認してください。

またゴミ処理場は住宅街から離れた場所にあることが多いので、車が必要となるでしょう。

土日に受付をしているところもありますが、平日のみしか受付をしていない場合もあるので確認してください。

自治体によっては「集団回収」を推奨しています。

10世帯以上が集まり、回収場所や回収日時を決め、まとまった段ボールを回収業者に引き渡す自主的なリサイクル活動です。

例えば新宿区では登録したグループに作業がしやすいように、軍手・エプロン・ほうき・台車などを希望を聞いた上で提供しています。

また段ボールなど紙の再利用を促進している公益財団法人『古紙再生促進センター』公式サイトで、お住いのエリアにある古紙回収業者を検索できます。

引っ越し業者に段ボールを回収してもらう

引っ越し業者に段ボールを回収してもらう

段ボールが大量に出てしまって困るのは、引っ越しのあとですね。

引っ越し業者の中には、段ボールを回収するサービスがある場合があるので確認してみましょう。

引っ越しに利用した業者がそのまま段ボールを回収してくれるなら、負担も少なくスムーズです。

段ボールの回収サービスを提供している引っ越し業者を比較

引っ越し業者は、段ボールを無料で提供しているところがほとんどですが、回収は業者によって有料となっています。

主な引っ越し業者の回収サービスについて調べましたので、表を参考にしてください。

業者名段ボール回収サービス
アーク引越センター引っ越しの契約で最大50箱分の段ボールを無料で提供。
引っ越し後、無料で回収してもらえます。
無料提供の自社製以外の段ボールも回収するので便利です。(エリアにもよるので、契約の際に確認が必要)
アート引越センター引っ越し後に不要になった段ボールを無料で回収しています。
契約時に確認し、不要になった時点で電話をすれば自宅まで回収に来てもらえます。
アリさんマークの引越社引っ越し用意で段ボールを50箱無料提供されますが、回収は有料です。
ただし、自社段ボール以外も引き取ってもらえます。
クロネコヤマト「引越しらくらくタイムリーサービス」「建替引越パック」を利用の場合のみ回収。
ただし、引っ越し時の回収のみで再度訪問による回収は行っていないのでご注意ください。
サカイ引越センター引っ越しの契約で最大50箱まで無料で提供。
引っ越し後に回収してほしい場合は、料金3,300円(税込)です。
ただし、3/15から4/15は繁忙期のため引き取り不可。
日本通運段ボール回収は、見積もり時に確認が必要。
パックによって段ボール回収が1回のみ無料で、それ以外は有料です。
単身パック当日便は作業終了後1ヶ月以内、その他の引っ越しパックは3ヶ月以内のみ回収可能。
ハート引越センター引っ越しの契約で最大50箱分の段ボールを無料で提供。
段ボールの引き取りは1回のみ無料で、2回目以降有料です。

引っ越し業者に段ボール回収を依頼するときの注意点

引っ越し業者によって回収サービスは異なるため、契約をする前に以下の点を確認しておきましょう。

引っ越し業者への確認
  • 段ボール回収費用は別途必要かどうか
  • 必要な場合はどのくらいの金額が必要か
  • 引っ越し先で回収サービスがあるか
  • 回収できない時期があるのか
  • 他社の段ボールも回収できるのか
  • 段ボール回収に引っ越し後来てもらえるのか
  • 引っ越し後何ヶ月までなら回収可能か

契約前なら柔軟に対応してもらえる可能性があるので、必ず事前に相談してください。

エコボックスを使って段ボールを無料で処分する

エコボックスを使って段ボールを無料で処分する

スーパーマーケットや公共施設にはエコボックスといった段ボール等の資源ごみを回収する無人の受取窓口を設置しています。

資源ごみの量に応じて『イオン』や『ダイエー』ではWAONポイント、『イトーヨーカドー』ではnanacoポイントがたまるのでお得です。

せっかく持ち込んでも1kg以下だとポイントに反映されない場合があるので注意が必要です。

スーパーマーケット名回収ボックスの名前備考
イオンリサイクルステーション1kgごとに1WAONポイント
ダイエーリサイクルステーション1kgごとに1WAONポイント
イトーヨーカドーリサイクルステーション1kgごとに10RP、500RP=50nanacoポイント
drugユタカ資源回収BOXなし
ヤオコーリサイクルステーション1kgごとに1ポイント(ヤオコーポイント)
オークワecoひろば1kgごとに10エコポイント 2,000ポイント=200円
カスミ古紙回収1kgごとに1ポイント(古紙リサイクルポイントカード)

回収してもらえなかった段ボールは不用品回収業者に依頼しよう

回収してもらえなかった段ボールは不用品回収業者に依頼しよう

回収ボックスのあるところまで遠かったり、自治体に頼るには朝が遅かったりする方は不用品回収業者への依頼が便利です。

不用品回収業者なら自宅まで来て回収してくれ、分別の必要もありません

しかし中には悪質な業者もおり、高額な料金を請求されるケースもあるので注意が必要です。

複数の業者に見積もりをしてもらい、信頼できる不用品回収業者に依頼しましょう。

段ボールの回収におすすめの不用品回収業者 KADODE

kadode

KADODE
主な対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉、
静岡、愛知、大阪、兵庫、
奈良、岡山、山口、広島、
福岡、佐賀、長崎、大分、
熊本、宮崎、鹿児島
受付時間24時間
お問い合わせ電話番号0120-966-926
公式HP不用品回収のKADODE
口コミ評価★★★★★/5
KADODEのおすすめポイント
  • 日本全国どこでも対応可能
  • 即日対応も可能
  • 年間1万件の実績があり、口コミ評価が高い
  • 無料で出張見積もり
  • 買取もしている
  • 分別の必要がない

段ボールの回収に不用品回収サービスを利用するなら、KADODEがおすすめです。

KADODEは24時間年中無休で電話でのご相談を受け付けています。

出張による見積もりや回収日時はお客様の都合で選べ、電話をした当日でも対応が可能です。

段ボール箱の解体や分別は不要でそのまま回収しております。

またその他の不用品があれば、一緒に回収しますのでこの機会に不用品をすべて処分してはいかがでしょうか。

0.8㎥サイズのカゴ詰め込み放題という小さなサイズから2t箱車サイズまでさまざまなパックを用意していますので、ご自身に合ったパック料金でリーズナブルに回収できます。

段ボールの無料回収に関するよくある質問

段ボールの無料回収に関するよくある質問

段ボールを無料回収してほしい場合に必須条件を解説します。

段ボールを買い取ってもらうにはどのくらいの量が必要?

段ボールを買い取る業者によってそれぞれ最低重量が決まっています。

100kgのところもあれば200kgのところもあります。

また自宅まで引き取りに来てもらうためには3t以上のみと規定している、基本的に企業のみを相手にしている業者も少なくありません。

個人では段ボールを買い取ってもらう量を用意することは不可能といえます。

またスーパーなどのエコボックスなら1kgでポイントがたまるところがほとんどです。

段ボールにガムテープや伝票はついたままで出していい?

段ボールについているガムテームなどは必ず除去してから出しましょう。

余計なものがついていると資源として再利用する際に邪魔になります。

伝票ももちろん外すことが必須です。

資源ごみとして利用しにくいだけではなく個人情報が流れてしまうリスクがあるので、忘れずにはがしておきましょう。

その他金具など素材の異なるものが付いている場合は、分別してください。

その点KADODEに依頼する場合は、分別は不要です。

お客様の個人情報の漏洩にも気をつけているので、仮に伝票を貼り付けたままでもきちんと処理しますのでご安心ください。

まとめ

段ボールを無料で処分する方法を4種類紹介しました。

段ボールを無料回収する方法
  • 自治体の資源ごみ/li>
  • 業者・施設への持ち込み
  • 引っ越し業者へ依頼
  • エコボックスを利用

特に近くに段ボールを排出することでポイントの貯まるシステムを導入しているスーパーマーケットがあれば最高ですね。

しかし、段ボールはかさばりますし持ち込みは面倒だと思う方は、負担のない方法を選んでください。

KADODEでは、段ボールも回収しています。

その他の不用品があればまとめて回収しますので、お気軽にご相談ください。

出張による見積もりは無料です。