遺品整理の時期について徹底解説

大型ゴミを捨てるのは難しい?簡単な処分方法を種類別にご紹介!

家具の買い替えを考えてるけど、大型ゴミってどうやって捨てたら良いんだろう?

大型ゴミを捨てるにはどうやって捨てるのが簡単なの?

引越しや、家具の買い替えなどで大型ゴミを捨てることに。

しかし、普段捨てる機会がないのでどうやって捨てたら良いのか忘れてしまいがちですよね。

今回は、そんな大型ゴミの捨て方についての必要な知識や、様々な捨てる方法についてご紹介していきたいと思います。

大型ゴミを捨てるときに知っておきたい知識

大型ゴミを捨てる際に、気を付けておくこととして「家電リサイクル法」という法律です。

鉄や、チタンなどが含まれる家電類は有用な資源となるため、国がリサイクル化を推進して、このような法律が出来ました。

そのため、家電リサイクル法に定められている「テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン」の4品目は、家庭ゴミとして捨てることは出来ません。

そのほか、大型ゴミを捨てるには気を付けなければならないことがあります。

まずは、前知識として大型ゴミの種類について見ていきましょう。

小型家電の定義とは

経済産業省の説明では小型家電はこのように定義されています。

一般消費者が通常生活の用に供する電子機器その他の電気機械器具のうち、効率的な 収集運搬が可能であって、再資源化が特に必要なもの

「家電リサイクル法」の対象となる家電4品目を除く、28類型の品目

持ち運びが簡単なもので、かつ「家電リサイクル法」の中のテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン以外の28類型の品目というのが小型家電ということになります。

それ以外の28品目の一部はこのような分類になっています。

家電製品の28品目の一例

  • 電話機、ファクシミリなどの有線通信機器
  • 携帯端末、カーナビなどの無線通信機器
  • デジタルカメラなどの映像機器
  • オーディオプレイヤーなどの音響機器
  • 磁気ディスクなどの記憶装置
  • プリンターなどの印刷装置

実は、これらの品目に当てはまる家電は粗大ゴミとして捨てることが出来ます。

家電リサイクル法」は、あくまで推進するための法律なので、強制という訳ではありません。

粗大ゴミとして捨てる場合は「リサイクル券」を購入して、自治体に回収してもらうことになります。

大型ゴミ・粗大ゴミに分類されるものとは

小型家電が粗大ゴミとして捨てることが出来るということは分かりました。

しかし、それ以外の大型ゴミは粗大ゴミとして捨てることが出来るのでしょうか。

次は、大型ゴミ・粗大ゴミの違いについて考えていきたいと思います。

自治体により基準が異なりますが大抵は以下のような項目でに決められています。

粗大ゴミ

  • 一辺の大きさが30cm以上のもの
  • 指定のゴミ袋に入らないもの
  • 重さが5kg以上のもの

などなど、大きさが一定以上のものは粗大ゴミとして扱われるようです。

以上の条件に当てはまらない場合は、不燃ゴミとして扱われ、通常ゴミとして捨てることが出来ます。

場合によっては、細かく解体しなければならないこともありますので、自治体のホームページから事前に確認しておく必要があります。

今すぐ捨てたいなら不用品回収がおすすめ!

引っ越しや、会社の移転、大掃除、などなど今すぐ処分したい!という方は不用品回収を利用するのがオススメです。

不用品回収業者に回収を依頼すれば、即日で大型ゴミを一気に回収してくれます。

そのため、車をもっていなくても大型ゴミを捨てることが可能。

取り外しや、運び出し作業まで、全て行ってくれるので、粗大ゴミとして捨てるのに比べ、手間をかける必要は一切ありません。

他の処分方法に比べて、大体のものは回収してくれるのも不用品回収業者の良いところ。

分別したり、解体したりしなくても大丈夫です。
時間と手間の両方を省くことが出来るのは、不用品回収のメリットだと言えるでしょう。

大型ゴミを捨てる方法6選をご紹介!

大型ゴミの捨て方についての基礎知識を理解したところで、ここからは大型ゴミの捨て方について6つの方法を紹介していきたいと思います。

状況に合わせて、これらの方法を利用することでお得に処分することができますよ。

【大型ごみの捨て方①】不用品回収の業者に依頼する

こんな人におすすめ
  • 簡単に大型ゴミを捨てたい人
  • 出来るだけ早く捨てたい人
  • 車を持っていない人
  • 力仕事が難しい人

解体作業が面倒だとか、予定があって時間に余裕がない方などは、回収業者に依頼する方法がおすすめです。

不用品回収業者に回収を依頼すれば、なるはや、かつ簡単に大型ゴミを捨てることができます。

回収作業はスタッフにより行われるので、依頼と、当日の申し込みだけでOK。

力仕事が難しい、女性の一人暮らしや高齢者の方でも利用できるのが嬉しいですよね。

不用品回収業者の中でおすすめなのは、「KADODE」です。
一番のポイントは、他の会社に比べて回収プランが豊富なところ。
荷物量に合わせてプランを選べるので、費用を抑えることができます。

【大型ごみの捨て方②】リサイクルショップに持ち込む

こんな人におすすめ
  • ちょっとした収入にしたい人
  • 車を持っている人
  • 捨てる物の状態が綺麗である

リサイクルショップに大型ゴミを持ち込むことで、買取による処分が可能になります。

捨てるには勿体ないくらい、物の状態が良い場合などにオススメの方法です。

買取が可能であれば、ちょっとした収入にもなってお得に処分する事ができます。

注意点として、買取不可の場合があること。使用期間が長かったり、年式が古いものは買取の対象に入らないことも。

せっかく、持ってきたのに買取してもらえなかった、となる場合もあるので注意が必要です。

また、大型ゴミを入りません持ち込むことになるので、車が必須になります。スペースが確保出来るかも確認しておきましょう。

【大型ごみの捨て方③】ジモティなどのサービスを利用する

こんな人におすすめ
  • 費用かけずに処分したい人
  • 捨てる物の状態が綺麗
  • 車を持っている

ジモティーなどの、地域密着型のサービスを利用すれば、自分の住んでいる地域の範囲内で、譲るという形で処分することができます。

これらのサービスは手数料も一切かからないので、費用をかけずに捨てたい方におすすめの方法です。

注意点としては、相手の住所まで荷物を届けるという事です。

取りに来てもらう事も可能なので、交渉次第になりますが、大抵の場合は届けることになるでしょう。その為、車をもっていることが大前提になります。

また、不用品に汚れや傷などがある場合は引き取り手が見つからないことも。

【大型ごみの捨て方④】小型家電としてゴミに出す

こんな人におすすめ
  • 捨てるものが単品の場合
  • ゴミが指定ゴミ袋に入るほどの大きさ
  • 費用を抑えたい方

指定のゴミ袋に入るほどの、小型家電であれば不燃ゴミとして捨てることが出来ます。

通常ゴミと同じように捨てることが出来るので、時間もそこまでかかりません。

ただし、スマホやパソコンなどの小型家電は個人情報を持っているので、安易に不燃ゴミとして捨ててしまうと、他人に悪用されてしまう危険性があるので十分に注意しましょう。

個人情報をもっているような端末機器は、自治体の設置しているリサイクルボックスを利用するようにしましょう。

リサイクルボックスであれば、厳重に管理されているので悪用される心配は殆どありません。

【大型ごみの捨て方⑤】オークションサイトやフリマサイトで売る

こんな人におすすめ
  • ちょっとした収入にしたい人
  • 物の状態が綺麗な場合
  • 時間に余裕がある人

フリマサイトやオークションを利用すれば、売買という形で大型ゴミを処分することが出来ます。

リサイクルショップとは違い、自分で値段を設定出来るので、希望通りの売買をしやすいのがフリマサイトなどのメリット。
ちょっとした収入にしたい方にはオススメの方法です。

ただし、大型家具や、家電などは配送料がかかりやすいので注意が必要です。

県を一つ超えるだけで1万円以上する事もあるので、せっかくの収入がマイナスになることも。

購入者負担なのか、販売者負担なのかによって収入にかなり違いが出てくるので、慎重に利用しましょう。

【大型ごみの捨て方⑥】買い替え時の引き取りサービスを利用する

こんな人におすすめ
  • 買い替えを考えている人
  • 同じものを買う予定の人
  • 簡単に処分したい人

家具や家電の買い替えを考えている場合は、同じメーカーのものを購入ることで、以前使用していたものを引き取ってくれるサービスを利用することが出来ます。

「リサイクル料金」「運搬料金」がかかりますが、粗大ゴミでは回収してもらえないテレビや冷蔵庫などの大型家電も回収してもらえます。

ただし、買い替えには「同じ店舗」「同じメーカー」であることが条件になってくるので、これらの引取り条件に当てはまらない場合は引き取ってもらえない事も。

店舗によっても引き取りサービスを取り扱っていない場合もあるので、事前に調べてから検討することをお勧めします。

大型ゴミを回収する業者の選び方

大型ゴミを回収する業者の選び方

回収業者といっても、どの会社が一番良いの?と迷われる方も少なくないでしょう。

ここからは、そんな数ある中から最適な回収業者を選ぶためのポイントについて抑えていきたいと思います。

料金プランは、個別回収プランもある

同じ地域に住んでいる他の依頼者の不用品と一緒に回収することで、回収料金と出張費を抑えることが出来るのが個別回収プランです。

個別回収プランの場合は、不用品の大きさにより回収料金が異なる場合が殆どです。

単品での大型ゴミを回収してもらいたい場合は、個別回収プランがあるかを基準に回収業者を選ぶのが良いでしょう。

1個からや少量でも回収してもらえる

リサイクルショップにも持ち込めない、粗大ゴミとしても大きすぎて処分出来ないような大型ゴミの場合、不用品回収業者に依頼するのが一番です。

しかし、個別回収プランがない会社に依頼してしまうと、トラックの大きさで料金を取られてしまい無駄な費用を支払うことに…。

回収業者を選ぶ場合は、個別での回収プランも用意されている会社を選ぶのが良いでしょう。

少量からでも料金プランが設定されていれば、無駄な費用を支払う必要もありません。

出張費が無料の業者

回収業者は自宅までゴミを回収しにきてくれるのがメリットなので、その分の料金として加算される会社も少なくありません。

捨てるだけでも費用がかかってしまうので、最終的に支払う料金がとんでもない額になることも。

同じ出張費でも、ゴミの量が少ない場合は損をしているのと同じです。

回収業者の中には、無料で出張回収してくれる会社もあるので、迷ったときは「出張費無料」であるかもポイントにして選ぶと良いでしょう。

評判や口コミが良い業者

回収業者を選ぶために一番ポイントにすべきところは、やはり「口コミ」や「評判」です。

口コミでは、会社の提供しているサービス以外のところが評価されているので、スタッフの対応や作業スピードなども知ることが出来ます。

同じような料金プランでどれにするか迷っている場合は、口コミで選ぶのが良いでしょう。

おすすめの不用品回収業者「KADODE」

KADODE

不用品回収業者の中で一番おすすめなのは「KADODE」です。

「買取」「ゴミ屋敷の清掃」「遺品整理」などの幅広いサービスを提供しています。

また、回収プランも豊富にあるので、荷物の量に合わせて柔軟に対応してもらえるのがKADODEの良いところ。

KADODE基本情報

KADODE
主な対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、愛知、大阪、兵庫、奈良、岡山、山口、広島、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島
営業日365日
受付時間24時間
お問い合わせ電話番号0120-966-926
お問い合わせフォームhttps://kado-de.jp/contact/
公式HPhttps://kado-de.jp/
口コミ評価★★★★★/5

既に前述していますが、おすすめの回収業者はこの「KADODE」です。

受け付け時間も24時間なので、仕事終わりに見積もり相談することが可能なのが嬉しいところ。

回収業者は基本料金が高かったり、料金プランが詰め放題だったりと、一定以上のゴミを処分することでお得になるパターンが殆ど。
ちょっとした不用品の処分では無駄な費用を支払うことになってしまいます。

それに比べて、KADODEの場合は料金プランが6種類もあり、ちょっとしたゴミの処分から、大量のゴミの処分まで、状況に合わせて捨てることが出来ます。

また、KADODEの場合は「買取」のサービスも行っているので、回収と同時に買取をお願いすれば費用を抑えることが出来るのもポイント。

KADODEの評判・口コミ

みんなの口コミ
家電の買い替えで急遽不用品の回収を依頼することにしました。
サイトでKADODEさんを見つけたので、見積もりだけでもお願いしました。
依頼は見積もり後に検討してもいいということだったのですが、他と比べても安かったのでお願いすることにしました。
次もお願いできる時があれば是非依頼しようと思います。
みんなの口コミ
KADODEさんはまごころパックというプランがあり、当日に出た不用品も一緒に回収してくれました。
見積もり後に、キャンセルでも大丈夫ということでとても頼みやすかったです。
当日も対応、回収ともにスピーディーで文句なしです。

大型ゴミを捨てるときの注意点

大型ゴミを捨てるときの注意点

大型ゴミを捨てる際に注意しておくことは、悪質業者による不用品回収です。

引越しのシーズンになると、ポストに無断でチラシが入れられていたり、アナウンスしながら街中をトラックで巡回していることがあります。

「無料で回収」というような謳い文句で不用品を回収し、運搬料やその他のサービス料金として多額の支払いを請求してくることがあります。

サイトを調べた時に、料金プランが曖昧だったり、乗っていない場合は悪質業者の可能性が高いので十分に注意しておきましょう。

大型ゴミの捨て方まとめ

まとめ

  • テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンは粗大ゴミとして捨てることが出来ない
  • リサイクルショップを利用すれば買取ってもらえる
  • フリマサイトを利用する場合は送料がかかることに注意する
  • 小型家電として捨てる場合は個人情報を削除してから捨てる
  • 回収業者を利用すれば量も種類も関係なく捨てることができる

いかがでしたでしょうか。

大型ゴミにも、これだけの捨て方があるというこが分かれば、状況に合わせて楽に処分することが出来るようになります。

捨てるのを諦めてずっとそのままだったものも、これを機に整理してみてはいかかでしょうか。