遺品整理の時期について徹底解説

ベッド・マットレスの捨て方6選|リサイクルから無料回収、廃棄方法まで解説。

ベット 捨て方

ベッドの捨て方にお困りではないでしょうか?

引っ越しや、買い替えで古くなったベッドを処分したくなっても、普段から捨てるものではないので、いざ処分しようと思ってもどうしたらいいか分からなくなるものです。

とくに引っ越しなんかは、時間が限られていることがあるので、急いで処分したい場合は大変です。

今回は、そんなベッドの捨て方について詳しく解説していきたいと思います。

→KADODE公式サイトはこちら

ベットの処分方法/捨て方に関する基礎知識

ベットの処分方法/捨て方に関する基礎知識

ひと口にベッドを捨てるといっても、ベッドの使用されている素材や、パーツによって捨て方が異なります。

ベットのフレームとマットレスの処分方法は異なる?

ベッドを処分する時は、ベッドとマットレスは、分けて処分するものです。

そもそも、マットレスは長く使えるベッド本体と違って消耗品です。使っているうちに一番体重のかかる腰部分が凹んできて寝心地が変わってきます。

自力で処分する場合、マットレスは細かくして燃えるゴミに出すことができます。

マットレスにスプリングなどの金属が使用されている場合は、不燃物と可燃ごみと分けることで、ゴミとして出すことができます。

ベッド本体はかなり大きなものですので、粗大ゴミとして処分するものです。ベッド本体を処分したい時は住んでいる自治体のホームページで詳しく捨て方が記載されているので確認しましょう。

マットレスを粗大ゴミとして処分したい場合も、同様です。

ベットフレームの素材による処分方法の違い

ベッドのフレームに使用されている素材によっては、捨て方が変わってきます。

木材でできている場合は、解体することで、燃えるゴミとして出すことができるんです。

一辺が30㎝を超えるものは通常粗大ゴミとして処分しなくてはいけません。逆にいえば、30㎝を超えなければ、一般のゴミとして出すことできるんです。

各自治体によって規定は変わりますが、木板の場合長さ1m以内、幅30㎝以内の物であれば、紐などでまとめることで燃えるゴミとして出すことができます。

金属が使用されているベッドフレームの場合は、当然燃えるゴミとして出すことは出来ません。

その場合は、粗大ゴミとして処分しなくてはいけませんので、住んでいる地域で決まった場所に、指定された日時へ運び込んで処分しましょう。

詳しくは自治体のホームページなどで確認できるので、処分を検討の際はあらかじめ確認しておきましょう。

多くの場合、粗大ゴミを出す際にあらかじめ自治体の受付に申し込みをして、コンビニなどで処理券を買い、捨てたいものに処理券を貼り付けることで粗大ゴミとして出すことができます。

指定された日時に置いていなかったり、指定されている日でも申し込みが無かったり処理券が貼られていなかったりすると、不法投棄とされて処罰されてしまいます。

粗大ゴミを捨てる時は、必ずルールを守って処分しましょう。

ベットマットレスの捨て方/処分方法6選

ベットマットレスの捨て方/処分方法6選

ここからは、マットレスの処分方法について詳しく解説していきたいと思います。

【1】自治体に回収依頼をする

前述しましたが、自治体に回収依頼をすることで、処分することができます。

自治体によって処分金額は変わってきますが、おおむね500円ほどです。

マットレスはシングルサイズでも大きなものです。自分で解体して処分しなければ粗大ゴミとして処分することになるので、自治体に回収をしてもらいたい場合は、受付で申し込みをして処分しましょう。

申し込みをすると、回収する日時と回収場所を伝えられます。ほとんどの場合、朝8時から夕方の間に業者が取りに来るので、遅くても朝8時までには指定されている場所にマットレスを置きましょう。

置き場所は、家の前だったり、回収場所が地域で決まっていたりします。地域によって違うので気を付けましょう。指定されているところに置かないと不法投棄になってしまうので注意してください。

家から運び出す時は、二人以上で作業しましょう。マットレスはシングルサイズでもかなり重たいものです。セミダブルサイズですと二人でも大変です。

階段などの段差があるところは特に危険な作業になるので気を付けて作業しましょう。

回収場所が家の前であれば必要ありませんが、指定されている回収場所がある場合は、マットレスをそこまで運ばなくてはいけませんので、軽トラックなどの車があると便利です。

メリット
比較的安く処分できる
デメリット
自分でマットレスを運び出す必要がある

人手や軽トラックなどの準備が必要

回収日が決められているのですぐに処分できない

【2】不用品回収業者に依頼して回収してもらう

不用品回収業者を領することで、手間なく簡単に処分することができます。

自治体に依頼して処分する場合は、自分で運び出しをしたり、すぐに処分することができなかったりと、しがらみがあります。

マットレスは大きなものなので、一人住まいですと人手を集めて処分しなくてはいけません。

人手を集めることが難しく、すぐに処分したい方は、不用品回収業者などの業者を利用することで、簡単に、あっという間にマットレスやベッドを処分することができます。

電話一本で依頼できるので、依頼してしまえば後は見ているだけです。業者の人が運び出しから全てやってくれるので、自分は何もする必要はありません。

費用はマットレスの大きさによりますが、15000円~25000円ほどかかります。セミダブルのマットレスになると使用するトラックも大きくなるので、その分金額が大きくなります。

自治体の回収と比べるとかなり高くなりますが、その分人任せにできるので、非常にラクチンです。

多くの業者は24時間対応で即日対応もしてもらえますので、仕事で忙しくて休暇がなかなか取れない人でも早朝や深夜などの仕事の合間にパパっと処分できます。

ただし、不用品回収業者は悪徳業者が多いです。荷物を積み終わった後に多額な料金を請求してきたり、回収したものを不法投棄する業者がいます。

不用品回収業者を利用する時は、依頼したい業者が信用できる業者かあらかじめリサーチしておきましょう。

メリット
すぐに処分することができる

人任せにできる

忙しくても利用できる

デメリット
処分費用が高い

悪徳業者に捕まることがある

【3】引越し業者に引き取ってもらう

引っ越しをしたい時に、ベッドやマットレスを処分したい場合は、引っ越し業者に不用品として回収してもらいましょう。

引っ越し会社には不用品の回収や買取のサービスをしている業者があります。

引っ越しを依頼する時に、あらかじめ不用品の回収を申し込むことで回収依頼をすることができるので、引っ越しとマットレスやベッドの処分を検討していたら、引っ越しを依頼する時に一緒に依頼しましょう。

しかし、一般的に不用品は自治体で処分するものなので、引っ越し業者によっては回収を依頼できないことがあります。

引っ越し業者によってはブランド物の場合は買取を実施していたりと業者によってはサービスが変わりますので、引っ越し業者に不用品の回収も依頼したい場合は、利用する業者が対応できるか確認しておきましょう。

メリット
引っ越しと不用品の回収が同時にできる

回収業者を用意したり、自分で処分する必要がない

デメリット
引っ越し業者を利用するので、買い替えや回収のみの場合は利用できない

業者によっては対応してもらえない

【4】フリマサイトや掲示板で購入者を募集する

ベッドを処分する場合、まだ使えるものであればフリマや掲示板サイトに出品することで、お金に換えることができます。

マットレスは直接肌に触れるものなので、相当の美品でない限り売れることはありませんが、ベッド本体でしたら、中古でも買う人はいるので、売ることで処分することができます。

ただし、買い手が付かない限り売ることができないので、処分するまでに時間がかかることがあります。また、購入者に送らなくてはいけないので、梱包や発送が必要です。

ベッドは大きなものなので、梱包するだけでも大変です。

しかし、フリマサイトなどは自分で売値を設定することができるので、自分が売りたい値段で売ることができます。お金が必要で、時間がある方は挑戦してみるといいでしょう。

メリット
お金に換えることができる
デメリット
処分するまでに時間がかかる

梱包や発送などの手間がある

【5】新品の購入と同時に引き取ってもらう

ベッドの新調を考えている方は、購入するお店に古いベッドを引き取ってもらうことで処分してしまいましょう。

家具屋によってはベッドを購入する時、古くなったベッドを引き取ってくれるサービスをしてくれます。

古くなったベッドを処分するために、自治体に申し込んだり、他の業者に依頼することもしなくていいので、新品を購入する場合は購入する家具屋に一緒に引き取りを依頼すると非常にラクチンです。

ただし、同じメーカーのベッドの場合のみ、引き取り可であったり、条件がある場合があるので、必ずしも引き取りをお願いできるとは限りません。

メリット
新品の購入と一緒に古くなったベッドの回収ができる

回収するための業者を用意する必要がない

デメリット
新調する時にしか利用できない

メーカーが違うと回収してもらえないこともある

【6】解体して一般ゴミとして出す

前述しましたが、解体することで、一般のゴミとして処分することもできます。

マットレスは、中にスプリングが使用されているものがあります。その場合は、スプリングとそれ以外とで分ける必要があるので、作業が大変になります。

スプリングが使われていない低反発ウレタン仕様のマットレスであれば細かく切ってまとめるだけですので、比較的簡単に捨てることができます。

ベッドを解体する場合は、木材でできたものに限られます。その場合は、長さ1m幅30㎝以内の木板にしてまとめて捨てることで燃えるゴミとして出すことができます。

一般のゴミとして出すので、当然処分費用は掛かりません。ただし、解体にはかなりの時間の労力が必要です。

軍手や、電動のこぎり、ドライバーなどを用意して安全に解体しましょう。

メリット
処分費用がかからない
デメリット
時間がかかる

重労働

【7】ゴミ処理場に自分で持ち込む

ゴミ処理場に持ち込むことで、処分することができます。

私たちの住んでいる地域には、ゴミ処理センターなどのゴミを引き取ってくれる施設があります。そこに持ち込むことで粗大ごみなどの大きなゴミでも処分することができます。

自分で持ち込む必要があるので、人でとトラックなどの車が必要です。

人手や車の準備などが必要ですが、自分で持ち込むので比較的処分費用は安いです。

運搬手段がある方はゴミ処理場に持ち込むと安く処分することができます。

メリット
安く処分することができる
デメリット
人手、車の準備が必要

自分で持ち込むので、力仕事になる

【簡単】電話一本でマットレスを引き取ってもらえる業者一覧

不用品回収業者を利用することで、簡単に、早く処分ができると紹介しました。

ここでは、ベッドやマットレスの引き取りを依頼することができる業者を紹介していきたいと思います。

【おすすめNo. 1】KADODE

KADODE

KADODE
主な対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、静岡、大阪 兵庫、奈良、岡山、山口、広島、福岡、佐賀、長崎、鹿児島、大分、宮城、熊本
ベッドの回収費用15,000円~30,000円
営業時間24時間対応
お問い合わせ電話番号0120-966-926
お問い合わせフォームhttps://kado-de.jp/contact/
公式HPhttps://kado-de.jp/
口コミ評価★★★★★/5

おすすめNo.1は【KADODE】です!

何と言っても対応エリアが広いです。最速で当日対応可能なので、忙しい人にとって魅力的です。

回収実績が豊富ですので、安心して依頼することができます。

24時間365日電話対応を可能ですので、仕事で遅い時間にしか電話できない方にもおすすめです。

こんな方におすすめ
  • 関東以外にお住まいの方必見
  • 今すぐ学習机を処分したい方
  • 仕事が忙しい方

ECOクリーン

ECOクリーン

ECOクリーン
主な対応エリア全国
ベッドの回収費用3500円~
営業時間24時間対応
お問い合わせ電話番号050-3186-4780
お問い合わせフォームhttps://form.ecoclean-fuyohin.com/site/form1/?src=wp_1_no
公式HPhttps://ecoclean-fuyohin.com/
口コミ評価★★★★/4

ECOクリーンは全国に拠点があるので、日本のどこに住んでいても利用することができます。

不用品回収業者は利用するトラックによって金額が変わってきます。ECOクリーンは品物ごとに金額が決まっていますので、他業者と見積もりを比較したい時に利用するといいでしょう。

24時間対応可能で、即日対応可能ですので、忙しくてもすぐに処分することができます。

こんな方におすすめ
  • 関東以外にお住いの方
  • 見積金額を比較したい方
  • すぐに処分したい方・忙しい方

おかたづけ110番

おかたづけ110番

おかたづけ110番
主な対応エリア東京、埼玉、神奈川、千葉、群馬、栃木 ※一部茨城
ベッドの回収費用12,000円~25,000円

※期間限定価格(2020年7月現在)

営業時間24時間対応
お問い合わせ電話番号0120-911-107
お問い合わせフォームhttp://www.okataduke-110.com/app.html
公式HPhttp://www.okataduke-110.com/
口コミ評価★★★★/4

現在(2020年7月)、期間限定価格で12,000円~処分できるので、安く済ませたい方は見積もりをお願いしてみましょう!

ただ、対応エリアが関東地方(一部茨城)になるので、地方にお住まいの方は、利用できません。

即日対応可能なエリアもありますので今すぐ処分したいという方にも、魅力的です。

また、LINEで見積もり(無料)を希望できるので、電話が苦手な人でも気軽に見積もりを依頼できます。

こんな方におすすめ
  • とにかく安く済ませたい方
  • 今すぐ処分したい方
  • 電話が苦手な方

エコピット

エコピット

エコピット
主な対応エリア東京、神奈川、埼玉、千葉
ベッドの回収費用25000円~40000円
営業時間24時間対応
お問い合わせ電話番号0120-900-413
お問い合わせフォームhttps://www.ecopit-huyouhin.com/contact/
公式HPhttps://www.ecopit-huyouhin.com/price/
口コミ評価★★★★/4

関東を主に活動している不用品回収業者です。

ベッドやマットレスのみの回収ですと割高な料金なります。トラックによって料金が決まりますので、捨てたいベッドが複数ある場合や、他にも処分したいものがある時に利用すると便利です。

24時間対応可能で、即日対応もできますので、忙しくて昼間時間がない方でも利用できます。

こんな方におすすめ
  • 関東にお住いの方
  • たくさん処分したいものがある方
  • 忙しい方

ベッドの引き取り/回収費用の相場

ベッドの引き取り・回収費用の相場をまとめていきたいと思います。

フレームのみ

フレームのみの回収の場合

回収方法

回収費用

自治体の回収費用700円~1000円
不用品回収業者の回収費用15000円~25000円
引っ越し業者の回収費用5000円~
新品購入時の引き取り費用~5000円
ゴミ処理場の回収費用300円~500円

マットレスのみ

マットレスのみの回収の場合

回収方法

回収費用

自治体の回収費用500円~1000円
不用品回収業者の回収費用15000円~25000円
引っ越し業者の回収費用5000円~
新品購入時の引き取り費用無料~3000円
ゴミ処理場の回収費用300円~500円

フレームとマットレス

フレームとマットレスを合わせた回収費用

回収方法

回収費用

自治体の回収費用1000円~2000円
不用品回収業者の回収費用15000円~25000円
引っ越し業者の回収費用10000円~
新品購入時の引き取り費用~6000円
ゴミ処理場の回収費用600円~1000円

ベッドの引き取り/回収依頼はKADODEにお任せ!

今回は、ベッドの捨て方について解説をしてきました。

ベッドを処分する場合は、フレームとマットレスと分けて処分することになります。

フレームもマットレスも大きなものですので、これらを処分するのは非常に大変で、場合によっては危険な作業になります。

現代人は忙しい人が多いこともあるので、ベッドを処分する時は、安全で、ラクに、すぐに処分することができる不用品回収業者の利用をおすすめします。

数ある不用品回収業者の中でも安心して利用することができる、KADODEを利用して、パパっとベッドを処分しましょう!

ベッドの引き取り・捨て方に関する関連記事

ベッドの処分方法 かかる費用や安く処分する方法ベッドを処分する方法と費用、安くお得にベッドを処分する方法を紹介 ベッドを引き取ってくれるお店10選!買い替え時に、古いベッドを引き取ってもらう ベッドを正しく回収してもらう方法を紹介します!