遺品整理の時期について徹底解説

エアコンを捨てる簡単な方法5選|買取相場や失敗談、注意点などをご紹介!

エアコン 捨て方

エアコンが壊れてしまった!
買い替えたいけど、古いエアコンはどうやって処分すればいいの?

エアコンを捨てるのにお金はどのくらいかかるの?

エアコンが急に壊れてしまったり、買い替えを考えているけど処分方法が分からないからそのまま…。

など、普段捨てる機会がないエアコンの捨て方は意外と知らない方が多いようです。

この記事では、エアコンの5つの捨て方と、簡単な方法を選ぶためのポイントなどについてご紹介していきたいと思います。

エアコンを捨てるのは難しいの?

エアコンを捨てるのは難しいの?

結論から言うと、エアコンは粗大ゴミとして捨てることが出来ません。

「家電リサイクル法」というのをご存知でしょうか?

リサイクルを促進するための法律の中で、エアコンは資源として再利用化を義務づけられている4品目(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン)のうちの一つに定められています。

そういった事から、他のゴミに比べて捨てるのが簡単ではないと言えるでしょう。

エアコンを簡単に捨てる5つの方法

エアコンは特別な方法によって捨てられるので、他のゴミに比べて少々手間がかかります。

そんな面倒を出来るだけ避けるために、ここからは簡単にエアコンを処分できる5つの方法についてご紹介していきたいと思います。

【エアコンを捨てる方法①】不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者に依頼をすることで処分する方法です。

専門の業者なので、取り外しから運び出しまでスタッフが全て行ってくれます。

女性の一人暮らしや、高齢者の方など、一人では作業できない方にオススメです。

また、出張による回収作業になるので、車をお持ちでない方でも問題なく利用出来るのもポイント。

自分で作業することが一切ないので、時間と手間の両方を省くことが出来るのがメリットです。

【エアコンを捨てる方法②】家電量販店の下取りに出す

家電量販店の下取りに出す

家電量販店に下取りに出すことで処分する方法です。

この場合も回収業者と同じように取り外しから運搬までスタッフが行ってくれるので、自分で作業する必要がないのが嬉しいポイントです。

ただし、買い替えが前提となるケースが多いので、処分だけを考えている方は利用できない可能性も。

買い替えを考えている方は、下取りに出す事で、新しいエアコンがちょっとだけ安く購入出来るのが嬉しいポイントです。

家電量販店に買取に出す際に注意すべき点として、運搬料金や取り外し料金などその他の部分で費用が発生することです。

店舗によって料金はことなりますが、相場としては5000円~6000円ほどかかります。

【エアコンを捨てる方法③】フリマサイトで買い手を見つける

フリマサイトで買い手を見つける

フリマサイトで商品として売る事で、エアコンを処分する方法です。

自分で値段を設定できるので、納得のいく売買がしやすく、ちょっとした収入を得ることが出来るのがポイント。

ただし、取り外しから、発送までは自分で作業する必要があるので、多少の手間がかかることも。

また、発送の際は、送料が自己負担になるケースが殆どです。
大型家電の場合は送料が大幅にかかってしまうので注意が必要です。

【エアコンを捨てる方法④】リサイクルショップに売る

リサイクルショップに売る

リサイクルショップへエアコンを持ち込んで処分する方法です。

ちょっとした収入にしたい方にはオススメの処分方法です。

フリサイトに比べて、リサイクルショップでは、メーカーや年式を基準に買取査定を行いますので、状態が良くても買取金額はそこまで高くはならない可能性があります。

取り外しから、持ち運びまでは自身でする必要があるので、手間と時間はかかりますが、費用を抑える事が出来ます。

【エアコンを捨てる方法⑤】エアコン専用の買取業者に持ち込む

エアコン専用の買取業者に持ち込む

エアコン専門の買取業者に買取を依頼して、処分する方法です。
売って処分する中では、一番お得に処分出来るのではないかと思います。

後ほど詳しく紹介しますが、取り外し費用が他に比べて安いとうのが大きなポイントです。

また、専門業者ということもあり、業務用の特殊なエアコンでも買取が可能。
査定費も無料で行ってくれる会社も多いため、気軽に見積もりができます。

売れるエアコンと売れないエアコンの違い

実はエアコンにも「売れるもの」と「売れないもの」の基準があります。

どうせなら費用をかけずに捨てたい!そう考えると、やはりエアコンを売るのが一番ですよね。

しかし、エアコンを売りに出しても受け付けて貰えなかったり、逆に処分料を取られたりすることも。
ここからは、事前に売れるエアコンの基準についてご紹介したいと思います。

売れないエアコンとは?

売れないエアコンのチェックリスト

  • 年式が5年以上経っている
  • 国外メーカーのもの
  • 容量が6畳以下のもの
  • リモコンや説明書などの付属品が無い
  • 色素沈着やホコリなどの汚れがある

家電類の寿命は約5年と言われており、買取基準の殆どは、年式が5年以内かどうかが大きなポイントとなります。

容量が6畳タイプのものは年式が新しいもので有れば売ることが可能です。

その他、「付属品がない」「汚れがある」なども査定額を下げてしまう基準になります。

特に、部屋でタバコを吸っている方は、エアコンにヤニがついてしまっているケースが多く、この場合は買取を受け付けてもらえない可能性も。

その場合は不用品回収業者などに依頼して処分する方法しかないでしょう。

売れるエアコンとは?

売れるエアコンのチェックリスト

  • 年式が5年以内のもの
  • 国内メーカーのもの
  • 容量が6畳以上のもの
  • リモコンや説明書などの付属品が揃っている
  • 使用期間が浅く綺麗な状態

先ほどとは逆に、エアコンの年式が5年以内のものは売ることが出来ます。

使用期間が浅ければ、その分フィルターや内部の劣化も少ないため、高く売ることが出来るでしょう。

エアコンが国内メーカーの場合は、シェア率が高く、人気があることから、エアコンを売るための大きなポイントになります。

また、容量に関しては、大きければ大きい程、買取金額も高くなります。

この場合、業者によっては年式が5年以上経っていても買取って貰えるところもあるようです。

試しに問い合わせで確認してみるのも良いかもしれませんね。

エアコンを高く売る方法

エアコンを高く売る方法

上記のチェックリストで「売れるエアコン」に当てはまる場合、高く売るための方法があることをご存知でしょうか?

そのまま売ってしまう前に、さらにエアコン高く売るための方法について、事前に確認しておきましょう。

エアコンを高く売る方法

注意点
  • エアコンの需要率が高い7月を狙って売る
  • フィルターや内部の掃除をしっかりしておく
  • テレビや冷蔵庫などの他の家電もまとめて売る

エアコンの需要が高くなるのは、夏にかけての6月から7月です。そのため、この時期を狙って、エアコンを売ると、通常よりも高く買い取って貰いやすくなります。

買取を依頼する際は、事前に外装や、フィルターなどの汚れをしっかり取っておきましょう。

いくら新しい型番のものであっても、状態が悪いと判断されれば査定額を下げる原因となってしまいます。

他にも、買取キャンペーンなどを利用すれば、他の家電とまとめて売ることで買取価格が上がることも。

買取前に事前に準備しておくことで、エアコンをお得に処分することが出来ます。

年式を確認して相場を知る

既に前述しているように、家電製品多くは寿命が5年と言われています。

そのため、5年以上経っているものはエアコンでなくても関係なく査定されないことがあるので十分に気を付けましょう。

エアコンの相場は、容量と年式によって異なります。

エアコンの相場
エアコンの容量相場
10畳以下1万~4万
20畳以下3万~7万
20畳以上5万円~10万円

また、業者によっては年式が5年以上経っている場合でも、状態が良ければ買取してもらえる場合もあるようです。

無料で見積もりが可能な場合は、一度買取が可能かどうか相談してみるのも良いかもしれませんね。

クリーニングに出しておく

専門業者に依頼してクリーニングに出しておくことで、自分で掃除をするよりも、外装から内部の隅々まで綺麗にしてもらうことが可能です。

また、防カビコーティングや除菌などもしてくれるので、新品同様の状態まで復活します。

買取業者の方でオプションとしてクリーニングを行ってくれる場合もありますが、クリーニング料として査定額から引かれることになります。

信頼できる買取業者であればいいのですが、中には「専門買取」を名乗る違法業者もあり、様々なオプションを付けて多額の請求をすることもあります。

クリーニングを依頼する際は、「費用の内訳が明記してあるか」「素人でもわかる内容の説明か」など、サイトなどで事前にチェックしておきましょう。

ホコリなどを取ってきれいにする

こちらも既に前述していますが、ホコリや汚れなどは査定額を下げるポイントになります。

近年のエアコンは内部クリーニングなどの機能もありますので、定期的に利用することをオススメします。

フィルターであれば素人でも簡単に取り外しができます。
ホームセンターなどでエアコン用のカビ取り洗剤なども売られています。

掃除機でホコリを取って、カビをしっかり落としておきましょう。

エアコンを捨てた人の失敗談

エアコンを捨てる際はどういった形で捨てるかを慎重に選ぶ事が大切です。

捨てた人の中には、方法を誤って損をしたという失敗談も…。

【失敗談】リサイクルショップで相場よりも安く売ってしまった

リサイクルショップでエアコンを売ってしまったと言う方の話では、買取も幅広く対応していると言う理由で査定を依頼。

問い合わせた時の査定額は7000円〜23,000円だったそうで、実際に見に来て貰ったところ最終の査定額は1万円に。しかし、出張費や取り外し費用、様々なオプションをつけられて、最終的に1000円程にしかならなかったとのこと…。

このように、リサイクルショップの場合は、専門業者に比べて査定額が低い傾向にあるようです。いくら状態が良くても知らない間に様々なオプションをつけられて、結果的に損をしてしまう事に。

エアコンを捨てる際に知っておきたい注意点!

エアコンを捨てる際に知っておきたい注意点!

注意点
  • エアコンの取り外しには費用がかかる
  • クリーニング費用を請求される可能性がある

エアコンを捨てる際の意外な落とし穴として、注意しておくべきことは、上記のように、様々な費用がかかるという事です。

これらについて、どれくらいの相場なのか、エアコンの種類によってどう変わるのかについても詳しく見ていきましょう。

【注意点①】エアコンの取り外し費用に注意!

自分でエアコンの取り外しが困難な場合、業者に取り外しを依頼する事が出来ます。

しかし、取り外し費用は大体4000円〜6000円が相場となり、料金が高くついてしまいます。

また、埋め込み式など特殊タイプのエアコンによっては、別途追加料金がかかってしまうことがあるので、気を付けましょう。

自分で取り外すという方法もありますが、誤って配管などを壊してしまうと無駄な費用がかかる原因になります。

家電量販店に依頼すると高くなりますが、専門業者であれば、他よりも安く依頼することが出来ます。

【注意点②】クリーニング費用を別途請求されることも!

クリーニング費用については、エアコンのタイプや種類によって料金が異なります。

下記はタイプ別、クリーニング費用の相場になります。

クリーニング費用の相場
エアコンのタイプ相場
通常の壁掛けタイプ10,000~15,000円
お掃除機能付きタイプ18,000円~23,000円
天井埋め込みタイプ20,000万円~35,000円

エアコンに特殊な機能が付いているタイプは、その分特殊なクリーニング作業が必要になるので、費用も高くなるようです。

また、埋め込み式のような種類も同じく、普通のエアコンに比べてフィルターなどの部品が特殊なので、さらに費用がかかってしまいます。

エアコンの簡単な捨て方まとめ

まとめ

  • エアコンを捨てるにはリサイクルで処分する
  • フリマサイトを利用する際は発送料に注意する
  • エアコンを売る際は年式や、メーカーなどをチェックしておく
  • 取り外しにや、クリーニングには大幅な費用がかかる

いかがでしたでしょうか。

エアコンは家電の中でも特に捨てる機会が少ないので、誤った方法で処分すれば無駄な費用を払ってしまった…ということになりかねません。

十分な知識を事前に備えておくだけで、後悔せずに処分することが出来ます。

買い替えに迷っていたり、そろそろエアコンの寿命かもしれませんよ。

是非この記事を参考にお得にエアコンを処分しましょう。